スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寺生まれのTさん9

※順番わからんちん

寺生まれって何だか凄い。
俺は単車の鍵を渡しながらそう思った。

地名という物は不思議なもので、その名前の由来を知らずに、
単に語呂のみでのイメージで勝手に類推して、何かしら招いて
しまうようである。
 流石に”三瀬”という名前では、強引な気もするが、
”血洗島”然り”人首”然り。
 ある場所でふと立ち止まり、交差点にあるそういった地名を
目にしたがために、必ず嫌な思いを連鎖してきた。

 私が以前、所用で頻繁に通っていた街道は”涅槃”から
”菩薩”という地名を繋げていた。
菩薩はともかく涅槃はなんとも嫌な感じである。
 しかも、真偽が定かでないが、斬首場が在ったと言われる
河の道路橋に連なる道である。
 そうなると、退屈な車上にあって、勝手に私は妄想してしまう。
 『この路は、その首切り場に至るまでの引き回しの際に、
罪人に覚悟を決めさせる為に名付けられたのではないのか。
 菩薩、という名称が残る所をみると、そこに救いがあり、
煉獄に落ち行く者が迷わないように、予行練習をさせているのでは
ないだろうか。
 ・・・そうする事によって介錯人も、罪人に祟られる心配が
無くなるのだろう。』と。


 『そうゆう勝手な思い込みは、関係ないモノを呼び寄せるぞ。』
と、以前忠告を受けたことがあるが、
今回の事は、気付いてしまったり、考えてしまったが為に起きた
経験かもしれない。

 その街道のとある交差点に差し掛かると、時折、「ガリッ」っと
車の底を削ったような感触を味わう時がある。
ハンドルから掌に、硬くもあり、弾力もある何とも嫌な種類の振動が
伝わるのである。

 都内を走っていると滅多に無いが、その路は大型トラックが頻繁に
往来する為か、時折とんでもない”わだち”がある。
とっさに私は、それをまたいだと思った。
 オイルでも漏れていたら大変である。
 車を路肩に停めて慌てて車の下、そして通った道筋を50m程辿り見るが、
底を擦るような”わだち”や石、落下した積載物の類はない。
 一通り確認した後、私は安心してそこを後にするのであるが、
そんな事をすっかり忘れてしまった頃、また、同じような現象が
起きるのである。


 その日の夕暮れより少し前、私は単車で、件の街道を走っていた。
どうもチェーンが伸びて、ばたついている感じがする。
走行に特別支障があるとは思えないが、それでも少々気にしながら
軽く流していた。

 ギュゥゥウン・・・。

 その交差点に差し掛かった時、急激にリアタイヤが重くなった気がする。
不意にエンジンブレーキが利いた感じだ。
 『パンクかな?』始めはそう思った。が、タイヤのグリップが
失われているような感触は無い。
空気抜け特有の「ぐにゅう」っとした感覚がハンドルに伝わってこないのだ。
私は交差点を少し越えて、路肩に単車を止めて、タイヤを確認した。
 特に異状は見られない。
 ほっと安心して、出発しようと後方を確認すると、不意にそれは訪れた。


 急激に辺りの色彩が失われたのだ。

 単車や自動車で事故を起こした人ならば経験があろうが、事故の瞬間、
周りがスローモーションになったかのように錯覚する事がある。
 何かのTV番組での話によると、緊急時に生命維持の為の行動に迅速に移れる
ように、余分な色彩や音等の情報処理を遮断・省略してしまう為らしい。
 それ似た状態に陥ったのだ。


 道路・・・交差点・・・。反対車線には車は無い。
歩道を行く歩行者は止まっているかのようだ。
モノクロームの世界は恐ろしく静かだ。と、交差点の真中に、何かある。
 私は、それを凝視する。
 人の後姿がみえる。

 しかし・・・人ではない。なぜなら首から下が無い。
首と、長く垂れ下がった髪の毛が、宙に浮いているのだ。
 提灯のように、風鈴のように、それはふらふらと揺れている、
少し回っているようだ。
 まわって・・・その首がこちらを向く。
その首の左半分は、髪の毛ごとごっそりと削り取られていた。
 首が、射抜くように私を睨んでいる。

 血で真っ赤に染まった顔で私を睨んでいる・・・。


 血の色・・・その瞬間、私の色彩は戻った。それと同時に、
 キュイィィ~ガギャギャッ、と凄まじいブレーキ音。

 交差点直前で急ブレーキをかけた大型トラックが私の眼前を通り過ぎ、
少し先で停止したのだ。
首は「パツン」とそのトラックに弾かれて消えた。


 トラックの運転手は、慌てて飛び降り交差点の方に走りよってきて、
蒼白な面持ちで、交差点を難度も確認している。
 しかし、そこには何の痕跡も無い。
 明らかに得心の行かない様子で運転手は、私の方に視線を投げかける。
何かを言いたげだったが、そのまま自分の車に戻り、行ってしまった。


 私は、気を取り直すために一服して、その場を後にした。
『あれは一体なんだったのだろう。』そう思いながらしばらく行くと、
先ほどの急ブレーキを掛けたあのトラックが前方に見える。
 追い越すには車線幅が狭い。私は仕方なく左後方に付くと、
トラックが何かを引きずっているのに気が付いた。

 トラックは、ぼろ布のように、弾み転がる、首の千切れた
人間を引きずっていた。
それは、車の振動に合わせながら、時折、削れて血塗られた白い足を覗かせて
弾んでいる。
 ばたばたと操り人形のように、力なく引きずられている。

本物の人体でないのは、霞んで時折薄く消える様からも判る。
 私は、それ以上トラックに追従して走る事は出来ずに、その日は家に
引き返すことにした。


 数日間、単車にまたがる気力を無くしたが、それならばと、少し整備を
しておこうと考えた。
私は、まずは気になっていたチェーンを伸ばす為に、リアタイヤを見ると、
車軸にごみが絡み付いている。

 よくよく見ると、それは、長い髪の毛だった。

その髪の毛はまるで生きているかのように俺の指を這い、首目がけて絡み付いてくる。
T「そこまでだ!破ぁああ!!!!」
不意にTさんの声が聞こえ、指に絡み付いていた髪の毛が一瞬にして吹き飛んだ。

T「ふう、危なかったな。ところで、この単車譲ってくれないか?」
呆然と立ち尽くす俺に、Tさんは満面の笑みでそう尋ねてくる。

寺生まれって何だか凄い。
俺は単車の鍵を渡しながらそう思った。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おばけ

Author:おばけ
実話とか創作とか関係なく読み物として面白い怪談が好きです。
当ブログは気に入った怪談を集め好きな怪談の話になった時等に紹介したり、久しぶりに見たくなったけどタイトル覚えてないだとか、紹介される際どんな話をすでに知っているかを伝える等々用。
その辺のまとめサイトやブログなどから引っ張ってくるものばかりです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。